事故の予防について

車やバイクを利用している人だけではなく、自転車や歩行者にも事故は起こることです。だれもが起こしたくて起こしているわけではないのに事故は今もなくなりません。どうしたら事故を減らせるのか考えてみましょう。


まず、事故の原因の多くは油断から起こるものが多いです。そして交通事故を起こしやすいタイミングとしては出発から五分と到着までの残り五分です。ではこの最初と最後は注意していればいいのかと言うとそうではありません。全ての人が注意できていたら事故は起こらないでしょうがなかなかそういうわけには行きません。これは当たり前のことだけど出かける時には時間に余裕をもって出発することが1番大切です。


大事な会議に遅刻しそうだからって速度を出しすぎる人たちそれは命よりも大切ですか?そんなわけないですよね。事故を防止するために1番大切なのか心に余裕を持つことです。渋滞などの交通状況を出発する前に調べて行くことも大切です。スピードだしていたら突然渋滞だったら追突してしまうこともあります。同じ追突の話で言えば信号の変わり目で前の車が急ブレーキをかけた場合高い確率で止まりきれずに追突します。ではどうしたらいいでしょうか?ここで大切なのは信号がどのタイミングで変わるのかを見極めることです。もちろん車間距離をあらかじめ開けておくことも大切ですが、開けすぎていたら他の車に入られてそれの繰り返しでどんどん後ろに下がっていってしまいます。交差点で歩行者信号がある場合一度それを見ると予測しやすいです。歩行者信号は車の信号が変わる前に必ず変わります。歩行者信号が赤になったということは車の信号も赤に変わるのでその時点で止まる準備を始めることが必要です。周りの人のことを考えるのも大切なことです。道路は自分のものではありません。みんなで使うものです。交通の流れに合わせることが大切です。


最近の事故でよくあるのは自転車の事故です。自転車は免許がなくわりと自由に乗る人が多いです。普段車に乗る人でも自転車ならちょっとぐらい信号無視してもいいでしょっと思う人も少なくないです。これはもう警察の取り締まりを強化してもらうか自転車にも免許みたいなものを作り取得するのは簡単でいいと思うけど違反を何回したら乗ってはいけないというルールを作れば自転車の事故も減らせるはずです。事故は家の外に出た時点でいつ起こるかわからないものです。だから全ての人がその意識を持ち行動するすることが必要です。